症状を知る

相手する看護師

がんは早期に発見することができれば完治も可能な病気になっている。そのためには、咽頭がんなどのがんの種類によって症状が違うということは覚えておいた方が良いといえる。

病巣が見つかる部位

クレイアート 医師

胃がんは胃に起こるがんで、咽頭がんは喉に起こる病気である。食道がんとも異なるので、検査する方法も場所も異なってくる。種類には上咽頭、低分化型扁平上皮がんなどがある。

治療方法は放射線など

オペを見守る

咽頭がんの治療には手術や抗がん剤投与などが提案されることになるが、最も大事なことは自分の体調に合わせた治療方法を見つけることである。医師にはっきりと要望を伝えることで治療方針が決まる。

副作用を知る

メス

放射線を使った咽頭がんの手術では必ず副作用が生まれることとなる。味覚の消失などが症状としてあげられる。がんの治療で大切なのが、日常生活を行なう上でどのような支障が出るか知ることでもある。

喉に起こるがん

オペ室

喉に起こるがんといえば、喉頭がんや咽頭がんがある。
この中でも、咽頭は重要な部位である。
咽頭には中耳も含まれており、中耳は聴覚やバランス感覚を司っている。
なぜがんが起こるのかということは、未だによくわかっていないのが現状である。
がんは突然細胞の分化がうまくいかなくなり、細胞が悪性化してしまうという病気である。
細胞が悪性化してしまうと二度と元の性質には戻らないため、治療のためにはその部分を切除する必要が出てくる。
このため、外科手術か放射線治療、抗がん剤を投与することで治療することになるのである。
うまくいけばこの悪性腫瘍を全て排除することができ、日常生活をまた送ることができる。
しかし、うまく切除がされていない、または再び悪性化が始まってしまうと再発することもある。

がんにおいて再発の他にも心配になることが、転移である。
特に咽頭がんはリンパ節に近いため、リンパ節から全身に悪性の細胞が広がっていく可能性が高いのである。
この転移を進ませないためには、早めに気づくことが大事である。
日本では人間ドックが行われており、がんの早期発見に役だっている。
定期的に検診を受けていれば、何年も病巣を放置することなく早い段階でがんが発見できるのである。
また、予防法は確立されてはいないが、治療方法は格段に進歩し続けている。
このため、早めに治療をするために定期的な検診と医師との相談は欠かせないのである。